「ひめ」虹の橋へ・・・。

11月14日午前6時、保護猫「ひめ」が息を引き取りました。

IMG_1331 (340x255)



なんだか、うまく文章がまとまりませんが。

以下が、11日にfacebook用に書いた記事。

「ひめちゃんと過ごせる時間が短くなって来ました。
ウチに来て12月で丸3年。
保護した時には「12月なのに妊娠?」と、思うくらい腹水がたまってガリガリなのにお腹だけパンパンでした。
後ろ足には虐待されたのか針金が巻かれ食い込んで血を出していました。
腎臓の数値も悪く、歯も殆ど無いことから高齢だろうと思われました。
1年間ケージから出ようとせず「この子は今までどんな猫生を送って来たのだろう…。」
「決して楽で幸せな時を過ごして来たわけではないのだろうな」
ケージから出るようになって最初2・9㎏しかなかった体重も倍以上になり、空っぽの容器の前に座り「ご飯が無いじゃないの!」と、要求するようになりました。
でも、やっぱりおばあちゃんなので一日中寝てばかり。
本当に手の掛からない良い子でした。
何があっても動じる事なく、仔猫が来ても新しい子が来ても全てを受け入れる寛容さと、気品のある猫でした。
ひめちゃんの命がそんなに長くないことは始めから分かっていたので延命治療をするつもりはありませんでした。
今まで大変な思いをしながら生きて来たのなら最後くらいはひめちゃんのいいように、ひめちゃんのしたいようにさせてあげようと決めていました。
もう、1ヶ月くらい殆ど固形の物は食べなくなり、スープを少し口にするだけでしたが、昨日くらいからそれも口にしなくなり、トイレまで歩くのがやっと。
でも、それも間に合わずオシッコを漏らすようになり、トイレから帰る事が出来ずそのまま座り込むようになりました。
強制給餌もしてみましたが、凄く嫌がり歩けないのに逃げようとするので無理に食べさせるのも止めました。
今は毎日の点滴でまだ頭が上げられますが、寝たきりになる日もすぐにやっ来ると思います。
小さくなって軽くなったひめちゃんを抱いてストーブの前に寝させる度に「ひめ、良く頑張ったね。ひめは良い子だね。おかあさんはひめの事は絶対に忘れないからね。ひめのいいようにすればいいよ。」と、声を掛けています。
これが正しい事なのかわかりません。
キチンと医療に掛けて何らかの治療をすればもう少しひめは長く生きられるのかもわかりません。
でも、私は毎日の生活の中で、仔猫達が大騒ぎし、他の猫達がのんびり昼寝をしている日常の中でひめちゃんを看取ってやりたいと思っています。」


それから、2日とちょっと。

息が苦しい中頑張ってくれました。

保護してから3年。

「ここに来て良かった」って思ってもらえたかな・・・。

そしたら幸せだな・・・・。


IMG_0258 (340x255)
CIMG2426 (340x255)
CIMG2274 (340x255)
CIMG2213 (340x255)




ワンクリック の ご協力お願いいたします m( _ _ )m
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ひめちゃん、、、猫生おつかれさまでした。あたたかいお部屋で、やさしいおかあさんやたくさんのなかまたちと最期をむかえられましたね。我が家にもひめちゃんそっくりの男の子がおりましたので、、、(涙)また一つの命の責任を果たされました事、お疲れさまでした。

Re: No title

>>LOVE7様
コメントありがとうございます。
1匹で寂しく逝かせることはなかったので、それはほんと良かったのかなと思います。
外には、事故や病気など、それこそ命として扱われず最期を迎える子がたくさんいることを思うと胸が痛みます。
プロフィール

☆大福もち☆

Author:☆大福もち☆
ようこそいらっしゃいました!応援ありがとうございます里親探し、TNRと奔走中!

メールはこちら↓↓
tenten458■gmail.com
( ■を@に換えて下さい )

にゃんともライフ
リンク
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR